Hello Real World

CHIRIMEN for Raspberry Pi 3 のスターターキットを使用して L チカと I2C 温度計で気温を計測してみよう。

1. L チカをやってみよう

Hardware

用意するもの

配線

Browser

右図と同じように配線してみよう。

注意
LED には方向がある。アノードが足が長い方。反対の足が短い方をカソードと言い GND 側に繋ぐ。抵抗はどちらかに繋ぐ。

Example を実行しよう

Browser

/home/pi/Desktop/gc/gpio/LEDblink/index.html

をダブルクリックすると、ブラウザが起動し、先ほど配線した LED が点滅しているはずです! ブレッドボード上では LED が点滅して L チカが動作しはじめます。

オンライン Example はこちら

今回使用したコードはこちら

2. I2C 温度センサー使ってみよう

Browser

用意するもの

ジャンパーワイヤー (メス-メス) x 4

ADT7410使用 I2C 温度センサーモジュール

Browser

配線

右図と同じように配線してみよう。

配線が終わったら、ターミナルを起動して下記コマンドを入力してみてください。

$ i2cdetect -y -r 1

Browser

すると、右図のような画面が表示されるはずです。

Example を実行しよう

実際に動かしてみましょう。

/home/pi/Desktop/gc/i2c/i2c-ADT7410/index.html

ダブルクリックすると、ブラウザが起動し下記のような画面になります。

オンライン Example はこちら

Browser

右下に数字がでていますね。

これが温度センサーから取得した現在の温度 (摂氏) の表示になります。

これで I2C 温度計編は完了です。

コード

今回使用したコードはこちら

I2C 温度計編はこれで終了です。