CHIRIMEN について

CHIRIMEN とは、Web ブラウザや Node.js の JavaScript からハードウェアを制御するプロトタイピング環境です。

CHIRIMEN コミュニティと W3C の Browsers and Robotics コミュニティグループでは、JavaScript で Web アプリから電子パーツを直接制御できる低レベルハードウェア制御 API (WebGPIO APIWebI2C API など) の標準化に向けての検討・提案や、それらの API を実際の開発ボード上で試せるようにするプロトタイプ環境の実装を行っています。

Web ページ中の JavaScript で直接ハードを制御できる環境を実現することで、既存の Web 関連の知識・環境・サービスをすべて活かしたまま、同じプログラムの中で簡単に画面やサービスと電子パーツを制御可能になります。電子パーツの制御だけのために専用のツールや開発環境を用意したり、複数の言語やプログラムを連携した複雑な仕組みを理解して作る必要がないため、素早くプロトタイピングを行ったり、プログラミング初学者が IoT の基礎を学ぶ上で最適な環境です。

ブラウザが必要ないときは Node.js からも同じコードでハードを制御可能なよう全てのライブラリとドライバーを実装しています。

現在、CHIRIMEN コミュニティでは最新の CHIRIMEN 環境を Raspberry Pi や micro:bit などのデバイスに向けに公開・メンテナンスしており、このサイトではその使い方を学ぶためのチュートリアルを掲載しています。

CHIRIMEN 環境

CHIRIMEN 環境を使ってハードとソフトを組み合わせたデバイスを作るには、まず CHIRIMEN 環境が動作する環境を用意して頂く必要があります。以下のようなボードコンピュータをサポートしているので、お好みの環境を選んでご利用ください。

各 CHIRIMEN 環境では各ボード毎の Polyfill やブリッジプログラムが異なる以外、基本的には同じコード・同じドライバモジュールで各デバイス・パーツを制御できます。対応デバイス一覧ページをご覧ください。

CHIRIMEN for Raspberry Pi

Raspberry Pi 向けの CHIRIMEN 環境を試すには、ビルドイメージ をダウンロードして Etcher などを使って microSD カードに焼き込み、Raspberry Pi 3/3B+/4 を起動してください。CHIRIMEN を使ったプロトタイピングに必要な環境とサンプルコードが全てセットアップされた状態のイメージとなっており、チュートリアルをすぐにお試し頂けます。

CHIRIMEN for Raspberry Pi について

Raspberry Pi では Node.js から使うこともできます

CHIRIMEN with micro:bit

micro:bit 向けの CHIRIMEN を試すには、Hello micro:bit - 準備編に従ってmicro:bitにサポートプログラムを書き込みます。その後はRaspberry Pi 向けの CHIRIMEN とほぼ同様にお試し頂けます。

CHIRIMEN with micrp:bit について

CHIRIMEN for TY51822r3

TY51822r3 向けの CHIRIMEN を試すには、ファームウェアの書き換えを行ってください。Raspberry Pi 3 向けの CHIRIMEN とほぼ同様にお試し頂けます。

CHIRIMEN with ty51822r3 について

コミュニティについて

何か不明点や困ったことがあれば CHIRIMEN コミュニティの SlackGithub の各リポジトリの issues でご連絡・ご相談ください。コミュニティの有志メンバーで