CHIRIMEN とは

CHIRIMEN は Web ブラウザや Node.js の JavaScript からハードウェアを制御するプロトタイピング環境です。

CHIRIMEN コミュニティと W3C の Browsers and Robotics コミュニティグループでは、JavaScript で Web アプリから電子パーツを直接制御できる低レベルハードウェア制御 API (WebGPIO APIWebI2C API など) の標準化に向けての検討・提案と、それらの API を Raspberry Pi などの開発ボード上で使うプロトタイプ環境 (CHIRIMEN 環境) を実装しています。

Web ページや Node.js の JavaScript から直接ハードを制御でき、既存の Web 関連の知識・環境・サービスをすべて活かしたまま、単一プログラムで簡単に画面やサービスと電子パーツを連携できます。 開発環境もローカルエディタだけでは無く Web ブラウザ上のオンラインエディタで動くようにしており、サンプルコード集の通り配線しタブを開くだけですぐに多数の電子パーツを試して頂けます。

電子パーツ制御のために専用のツールや開発環境を用意したり、複数の言語やプログラムを連携させたり、独特のフレームワークを学習・利用したりする必要はありません。Web 標準技術をベースとしており、素早いプロトタイピングやプログラミング初学者の IoT 学習に最適です。

Raspberry Pi Zero を使う場合 のような低性能環境や、ブラウザ無しで動作させたいときは、ライブラリの読み込み部分だけを変えれば Node.js でも同じコードでハードを制御可能なユニバーサル環境です。

CHIRIMEN の動作環境

CHIRIMEN が動作する環境は、以下の通りです。お手持ちのボードや用途に応じてご利用ください。

すべての CHIRIMEN 環境では各ボード毎のライブラリやブリッジプログラムが異なる以外、基本的には同じコード・同じドライバモジュールで各デバイス・パーツを制御できます。対応デバイス一覧ページをご覧ください。

CHIRIMEN Raspberry Pi 版

Raspberry Pi で CHIRIMEN 環境を使うには、ビルドイメージRaspberry Pi ImagerEtcher で microSD カードに書き込み、Raspberry Pi を起動してください。CHIRIMEN を使ったプロトタイピングに必要な環境とサンプルコードが全てセットアップされた状態のイメージとなっており、チュートリアルをすぐにお試し頂けます。

CHIRIMEN Raspberry Pi Zero 版

Raspberry Pi Zero (ネットワーク環境が必要なため、Zero W もしくは Zero WH (ピンヘッダはんだ付け済み品) の使用を強く推奨します。)で CHIRIMEN 環境を使うには、ビルドイメージ を、 Raspberry Pi ImagerEtcher で microSD カードに書き込み、Raspberry Pi Zero を起動してください。

CHIRIMEN micro:bit 版

micro:bit で CHIRIMEN を使うには、Hello micro:bit - 準備編に従って micro:bit にサポートプログラムを書き込みます。その後は Raspberry Pi 向けの CHIRIMEN とほぼ同様にお試し頂けます。

CHIRIMEN TY51822r3版

TY51822r3 で CHIRIMEN を使うには、ファームウェアの書き換えを行ってください。Raspberry Pi 向けの CHIRIMEN とほぼ同様にお試し頂けます。

コミュニティについて

何か不明点や困ったことがあれば CHIRIMEN コミュニティの SlackGithub の各リポジトリの issues でご連絡・ご相談ください。コミュニティの有志メンバーで