スターターキットを使った HelloWorld 編

CHIRIMEN for TY51822r3 のスターターキットを使用して L チカと I2C 温度計で気温を計測してみよう。

1. L チカをやってみよう

Hardware

用意するもの

注意
スターターキットの中身を確認しよう。
足りなかったり、多くあった場合は、近くの大人に知らせよう。

配線

Browser

右図と同じように配線してみよう。

配線が終わったら、BLE 接続をクリックしよう。

注意
LED には方向がある。アノードが足が長い方。反対の足が短い方をカソードと言い GND 側に繋ぐ。抵抗はどちらかに繋ぐ。

Example を実行しよう

Browser

BLE 接続をクリックすると、右図のようになります。

Y51822r3 がちゃんと動作していれば、リストに「btGPIO2」 という名前のデバイスが見つかるはずです。
これが CHIRIMEN for TY51822r3 用のデバイスになります。 それを選択して「ペア設定」のボタンを押すとダイアログと青いバーが消え、接続が確立します。

ブレッドボード上では LED が点滅して L チカが動作しはじめます。

これで L チカは完了です。

コード

今回使用したコードはこちら

L チカ編はこれで終了です

2. I2C 温度センサー使ってみよう

Browser

用意するもの

抵抗 10kΩ x 2 個

ADT7410使用 I2C 温度センサーモジュール

Browser

配線

右図と同じように配線してみよう。

配線が終わったら、BLE 接続をクリック。

Example を実行しよう

BLE 接続をクリックすると、右図のようになります。

Browser

ターゲットの gtGPIO2 を選択して「ペア設定」を押してください。

BLE の接続が正常にできれば、青いバーが消え動作を開始します。

右下の図に数字がでていますね。

これが温度センサーから取得した現在の温度 (摂氏) の表示になります。

これで I2C 温度計は完了です。

Browser

コード

今回使用したコードはこちら

I2C 温度計編はこれで終了です